神戸・明石のリノベーション物件多数 | リノベーション事業に関わる各職種のご紹介 | リノベーション事業に関わる各職種のご紹介

リノベーション事業に関わる各職種のご紹介

リノベーション事業には、建物のリノベーションに必要なさまざまな職種が存在します。それぞれがリノベーションプロジェクトの成功に欠かせない役割を担っています。

今回はリノベーション事業に携わる代表的な職種を紹介します。

なお、職種名は事業会社によりさまざまです。同じ役割でも「リノベーションプランナー」と呼ぶ事業会社もあれば、「リノベーションコーディネーター」と呼ぶ事業会社もあります。

一方で、リノベーションプランナーとリノベーションコーディネーターで、役割が異なる事業会社も存在します。

今回の記事では、リノベーション事業にどのような職種の人たちが携わっているのか。仕事内容や役割を知るきっかけになれば幸いです。

リノベーションプランナー

リノベーションプランナーは、建物や住宅のリノベーションプロジェクトを計画し、管理する専門家です。

お客様にリノベーションに関するアドバイスや専門知識を提供し、デザインの選択、素材の選定、施工方法などリノベーションに関する意思決定をサポートします。

また、お客様のご希望や予算などを考慮しながら、リノベーションの目的や要件を理解し、機能的な要件、デザイン、予算などを考慮し最適なプランを作成します。

必要に応じて、建築士、施工業者、設備工事業者などのプロジェクトに携わる関係者とのコミュニケーションを取りながら、プロジェクトを進めます。

スケジュールの進行状況を把握し、必要な作業や工程の調整を行い、納期に合わせて進捗を管理します。

リノベーションプランナーは、建築や設計の知識を持ちながら、プロジェクト管理やコーディネーションのスキルを有しています。

お客様の要望を理解し、リノベーションの目標を達成するために、計画段階から施工、完了までのプロセスを効果的に管理する役割を果たします。

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターは、空間の内部を美しく機能的にデザインする専門家です。

機能性や流れ、利便性を考慮しながら、家具や什器の配置、スペースの最適活用、通路や動線の設計などを行います。

またデザインコンセプトを考え出し、空間の雰囲気やテーマを決定します。

壁紙、床材、照明器具、家具、テキスタイルなど、インテリアの素材と仕上げを選定し、お客様の要望やデザインコンセプトに合わせて、適切な素材や色彩を選び、空間に調和させます。

インテリアコーディネーターは、空間の美しさと機能性を融合させ、お客様の要望を実現するために幅広いスキルと知識を持ち合わせています。

創造性と技術を結び付け、魅力的で快適な空間をデザインします。

ディレクター

ディレクター(施工管理ディレクター)は、建築工事やリノベーションプロジェクトの施工活動を監督し、管理する責任を担当します。

施工のスケジュールと工程を立案し、プロジェクトの進行状況と予算に基づいて調整します。

また、施工スタッフや専門業者と協力して、施工活動を調整します。

適切な人員の配置、作業の割り当て、安全基準の遵守などを管理し、施工チームのパフォーマンスを最適化します。

あわせて、施工の品質基準を確保するために、建築コードや規制に準拠していることを監督します。

施工中の品質検査や品質管理プロセスの実施、必要に応じて修正や改善の提案を行います。

施工に関連するコストを管理し、予算内でのプロジェクトの実施を確保します。

材料の調達、契約の管理、コスト見積もりの作成などを行い、予算オーバーのリスクを最小限に抑えます。

ディレクターは、リノベーションプロジェクトの施工活動を効果的に管理し、品質の確保、予算とスケジュールの遵守、安全な施工環境の提供を担当します。

彼らは建築や施工に関する専門知識と経験を活かして、プロジェクトの成功をサポートします。

いろいろな人たち

リノベーション事業会社には、ほかにもいろいろな人たちが在籍しています。

住む場所の選び方から、中古物件の探し方までサポートしてくれる専門スタッフ。
資金計画やローン申込みまでをサポートしてくれる不動産の専門スタッフ。
施工職人が在籍している事業会社や、オリジナルのインテリアを提供している事業会社も存在します。

リノベーション事業会社にはさまざまな職種の人たちがいます。あなたの想いをきっと形にしてくれるでしょう。

  • CONTACT
  • ACCESS