来店予約はこちら
2012年12月21日

照明

照明

 お部屋には欠かせない、灯り。お部屋によって適正な明るさというのは異なりますし、灯りでお部屋のイメージもぐっと変わります。
 またLEDライトなど長持ちでエコなものも増えています。

 照明の形や色などを変える事により、お部屋のイメージも変わります。
 シャンデリアやダウンライト、間接照明など様々なタイプがございますので、お気軽にご相談ください。


 部屋の使用方法や時間帯・生活環境などにより適正な明るさ、というものがあり、明るすぎても暗すぎてもいけません。
 時間帯や天候、また見るものなどによって明るさを変えることで、目を疲れにくくしたり、良質な睡眠を取れるようになるといわれています。現在のお住まいの明るさは大丈夫ですか?


 LEDは購入費用は若干お高めですが、電気使用量は従来の照明より半分以下に抑え、また、寿命も大変長く、節電でエコな製品として人気です。
 またそれだけではなく、リモコン操作のみで昼光色や電球色など、電球を替えなくても、色が変えられたり(調色)、明るさを変えられたり(調光)する機器も各社から販売されており、大変利便性にも富んでいます。
 寿命が長いことから電球の交換が大変な場所などをLEDにするのもお勧めです。
 また、赤外線や紫外線を含まないので、虫が寄ってきたり、熱で周囲のものを痛めたりもしません。

LEDとは…
 日本では「発光ダイオード」と呼ばれているものです。
 従来の、ガラス管のなかで熱や放電で発光する電球とは異なり、LEDは電圧をかけることで中の電気エネルギーが光りますので、電球や蛍光灯のように割れたり、中のコイルが切れたりということがありません。
 また、LED素子は小さく、制御しやすいので、小型化・薄型化が可能で、昨今イルミネーションや電光掲示板などもLED化しつつあります。


NEW POSTS
CATEGORY
ARCHIVES
  • CONTACT
  • ACCESS